リケジョの備忘録

リケジョらしくないリケジョの、それでもリケジョな独り言

リケジョな私のメンヘラ爆弾

あじこです。

 

リケジョメンヘラ、この2つのワード関連付けられる?

リケジョってめっちゃ冷静・論理的なイメージあるよね。

 

私、リケジョでメンヘラなんだけど。

 

(「元」メンヘラと言いたい)

 

泣きながら走る①

テストの点が悪くて渡り廊下を泣きながら走った高校3年生春。

取った科目・物理、取った点数・2点

勉強しろよ。

 

泣きながら走る②

浪人時代、彼氏と喧嘩すると(彼氏も同じ予備校だった)

まず予備校を飛び出す。町を走る。

すると彼氏を含んだ予備校仲間が捜索隊を組む

見つけられる。大体近所の川辺かサン〇ク。

これしょっちゅう。お騒がせしました。

 

泣きながら走る③

大学時代、彼氏と喧嘩して勉強していた図書館から逃走

以下上述と同じなので略。

でも大学では友達いなかったから、彼氏一人で探してたな。どんまい。

 

泣きながら叫ぶ

彼氏と喧嘩して、渡り廊下で「別れてやるー!!!!!」と大声で叫ぶ。

もちろん別れる気はない。

 

彼氏の前の席で授業中泣く

彼氏と喧嘩して、彼氏が後ろの席にいるのも関わらず、

しかも授業中なのに泣く。泣いてばっか。

 

びっくりするくらい沸点が低い

彼氏とした中で一番くだらない喧嘩はこちら

「体育祭のムカデ競争の先頭を彼氏が譲ってくれなくてがちぎれ(体育祭前々日)」

 

まじでただのわがまま。

 

察してちゃん(重度)

自分の高校生活最後の定期演奏会(元吹奏楽部だった)、

彼氏は部活の練習とかぶって来れず。

「いいよいいよ☆練習大事☆」

とか言っておきながら後で

「ほんとは来てほしかったのにいいいいいい」

 

もう手に負えない。

 

嫉妬魔人

これは今でもなんだけど、めちゃくちゃ嫉妬する。

自分が一番彼のそばにいたい、話したい。

自分が一番知っていたい。

 

誰にでもある感情だと思うけど、

物には限度ってもんがある。

 

高校時代。女の子と少しでも彼氏がしゃべっていると

「しゃべった!シャベッタァァァァァ!!!!!」

 

あの頃の自分のことを「妖怪・シャベッタ」と呼んでいる。

 

 

 

彼氏と会う頻度:週6

逆に会わない1日何してたのかが謎。

でもあの時は会えない1日まじでさみしかったんよな。

 

やつあたりが過ぎる

テストで赤点、彼氏に八つ当たり。

「なんで教えてくれなかったのおおおおおお」

 

ほんとあんときごめん。

 

 

 

 

 

 

メンヘラでよかったこと

書き連ねたらメンヘラすぎて自己嫌悪が過ぎるのだが、

ひとつだけメンヘラでよかったことがある。

 

高校の時、付き合ってた彼氏が、

病気になって、別れを余儀なくされたことがあって、

ものすごく泣いて、悩んで、考えた結果、

「人の命を救える仕事をしよう」と決意して

それをモチベーションに長いことやってこれた。

 

それだけは感受性が豊か(上手い表現!)でよかったなあと思う。

今はメンヘラではないのでモチベーションは枯渇した。働きたくない。

 

 

 

 

今やメンヘラはすっかり治り、心穏やかに毎日恋愛している。

そんな治療経験(?)はまた今度書こうと思う。

 

今の彼氏、喧嘩して泣きながら電話しただけでメンヘラ呼ばわりしてきたけど

逃走しないだけ幸せだと思えよ